☆メニュー
☆アロマセラピーサロンナビとは?
アロマセラピーの用語集

尿素とは?

尿素はいわゆる有機化合物で、カルバミドとも言います。
人間の体は体内の有害なアンモニアという物質を安全な尿素に変えて、尿として排出しています。

尿の中から発見された成分なので尿素と呼ばれていますが、その生成過程から分かるように人体に害はなく、むしろ有益な成分ですらあります。

たとえば、肥料として広く用いられていますし、またアロマセラピーとして保湿クリームの用途にも使われています。

また、タンパク質や核酸を変質させる作用があり、タンパク質でできている角質を除去して、肌のすべりを良くしたり、あかぎれ、しもやけ、アトピー肌にも効果があります。

尿素を利用した尿素化粧水の作り方は、きわめて簡単です。
水100ccに対して尿素を25g、グリセリン小さじ2分の1を加え、よく混ぜてできあがりです。
水との親和性が高いため、溶け込むのは早いです。
これが原液になるので、使用するときはさらに10倍程度薄めてから使用しましょう。
原液自体は半年程度保ちますが、薄めると映像小保管で2週間程度が目安です。

なお、体内で安全な尿素とはいえ高濃度の尿素は肌に刺激となることがあります。

薬事法においては市販の化粧品は濃度3%までと定められているので、手作りで尿素入りの化粧水を作るときにもこの濃度に注意して作るようにしましょう。

配合の感覚がよく分からないときは、上記の配合率よりも尿素を少なめにしてブレンドするのがオススメです。

保湿クリームに尿素がある事を意外と知らない方も多いのですが、アロマセラピーと尿素にも店綱関わりがあるのです。

全国のアロマセラピーサロン&スクールを検索!資格取得・検定やアロマセラピストの求人までをナビゲート!お得なクーポンや・口コミも掲載!全国の人気アロマサロンが丸分かりサイトです!

Copy right(c) 2007-2017 アロマセラピーサロンナビ! All Rights Reserved.
クーポンが盛り沢山 http://www.aroma-navi.biz/