☆メニュー
☆アロマセラピーサロンナビとは?
TOP > アロマの基礎知識 > 効果・効能について > アロマセラピーの由来
アロマセラピーの基礎知識

アロマセラピーの由来

アロマセラピーの由来

◆アロマセラピーとは◆
マッサージやリラクゼーションが浸透している現在、アロマセラピーという言葉も多くの方に浸透しています。

アロマセラピーとはリラックスできる香りによって、体調不良の療法をおこなうことを指します。
ハーブやローズなど、植物の香りが凝縮された製油を利用し、自然治癒力を高め、療法をおこないます。

身体面以外にも、精神的にもリラックス効果が期待され、心身ともに病気になりにく体を作り上げます。
国内かかわらず、海外でも非常に人気が高く、サロンや専門施設が多く存在します。

歴史は浅いように感じる方も少なくないと思いますが、実際一昔から海外では浸透しており、多くの方の心身を癒してきました。

また、自分の好きな香りを選ぶことができ、効果を実感する人の幅が非常に広いことも特徴に挙げられます。

◆アロマセラピーの由来◆
今や多くの方がしっているアロマセラピーという言葉ですが、その語源や由来をご存知でしょうか。

アロマセラピーは、芳香を意味するアロマ(Aloma)と療法を意味するセラピー(Therapy)が合わさった造語です。

フランスの科学者ルネ・モールス・ガットフォセが作ったとされています。
花の香りを嗅いだときや、森の香りをかいだ時などに、いいにおいと感じたり、癒されるような感覚になることがありますが、これがアロマセラピーの発端・由来となっています。

このような自然の香りが、心身に非常に効果的であることを発見したのです。
自然のもつ香りの良さを、濃縮し製油にすることで、さらに専門的な療法として活用されるようになったのです。

そのため、アロマセラピーは本来、自然のいい部分を濃縮した働きがあるといえます。
アロマセラピーのような専門的な療法とまではいきませんが、自然の香りを生かした療法の歴史は非常に古く、由来は紀元前3000年前までにのぼります。

古代エジプトでは、ハーブティーやハーブオイルがすでにあり、ミイラ作りの際にも香りのある植物などがつかわてていました。
また、アロマセラピーという言葉をつくったルネ・モールス・ガットフォセも19世紀にアロマセラピーの効果を見出しており、火傷に対してラベンダー精油を使用したところ非常に効果的であったというエピソードを残しています。

このように、アロマセラピーという言葉ができる前にも自然の香りは様々な人の心身を癒しており、効果的であるというエピソードが数多く残されています。
自然の香りは時代問わず、私たちを癒してくれるのです。

全国のアロマセラピーサロン&スクールを検索!資格取得・検定やアロマセラピストの求人までをナビゲート!お得なクーポンや・口コミも掲載!全国の人気アロマサロンが丸分かりサイトです!

Copy right(c) 2007-2017 アロマセラピーサロンナビ! All Rights Reserved.
クーポンが盛り沢山 http://www.aroma-navi.biz/