Sponsored Links
☆メニュー
☆アロマセラピーサロンナビとは?
TOP > アロマセラピーの基礎知識
アロマセラピーの基礎知識

アロマセラピーの基礎知識

アロマセラピーの基礎知識

今では馴染み深くなってきているアロマセラピー(Aromatherapy)ですが、これが日本で広まったのは約20年ほど前の1990年代前半の頃のことです。
とくに女性を中心に人気が広まり、今では馴染みのあるものとなっています。

■ アロマセラピーの語源
フランス科学者であるルネ・モーリス・ガットフォセがつくった造語です。 アロマは「芳香」 セラピーは、「療法」を意味します。

■ アロマセラピーとは?
高い香りの植物から抽出した精油(エッセンシャルオイル)を使用して、香りの力で、心のトラブルの改善・リラックス効果・健康維持・増進などに役立てる自然療法です。

■ 精油とは?
精油とはハーブなどの有効成分を抽出したオイルの事をいいます。
精油には300種類以上のものがあり、精油を1的抽出すたるためにはおよそ50個の植物が必要とされたりする高価なものもたくさんあります。 精油は「アロマオイル」と呼ばれる事もありますが、精油は基本的に純度100パーセントのものを指します。 アロマオイルと呼ばれるものの中には純度が100パーセントでないオイルや、フレグランスオイルなど安価なオイルを使用している場合も多くあります。

■ 「アロマセラピー」と「アロマセラピー」の違い
同じ意味で、フランス語では「アロマセラピー」英語では「アロマセラピー」といいます。

全国のアロマセラピーサロン&スクールを検索!資格取得・検定やアロマセラピストの求人までをナビゲート!お得なクーポンや・口コミも掲載!全国の人気アロマサロンが丸分かりサイトです!

Copy right(c) 2007-2017 アロマセラピーサロンナビ! All Rights Reserved.
クーポンが盛り沢山 http://www.aroma-navi.biz/