☆メニュー
☆アロマセラピーサロンナビとは?
TOP > アロマの基礎知識 > アロマの実用性 > アロマセラピー 病院
アロマセラピーの基礎知識

アロマセラピー 病院

アロマセラピー 病院

アロマセラピーは、植物から抽出した香りを精油にしたものを使い、その香りによって心や身体のストレスを和らげ、美容と健康に役立てる自然療法です。

20世紀初頭に、フランス人科学者ガットフォセが科学の実験中に事故を起こし火傷を負った際に、ラベンダーの精油を治療の一環に取り入れることで、皮膚の回復が早くなったということがアロマセラピーの発端と言われています。

■病院でのアロマセラピー療法
近年、日本でもアロマを取り入れた療法をおこなう病院が増えています。
アロマオイルの香りは、精神的ストレスを和らげる作用があるという研究データもあり、心療内科や精神科などでは、以前からアロマを院内で焚いて患者の治療に利用しているクリニックが多くあります。

外科分野においても、手術前の患者の緊張をほぐすために、アロマオイルでのマッサージをおこなっている病院などもあります。

さらに、アロマの香りによってストレスを軽減させ免疫力を高めることから、癌治療にも有効と考え、癌病棟でアロマを焚く病院もあります。

このほかにも小児科や産婦人科など現在では多くの病院でアロマセラピーを取り入れています。

■話題の資格アロマセラピスト
このように多くの病院で利用されているアロマセラピーには、資格制度がありその資格を保有している方をアロマセラピストと呼びます。

セラピストはアロマセラピーについて深い知識と技術を習得したとみなされ、病院などでは、アロマアドバイザーとして活躍できます。

アロマセラピストは国家資格ではなく、民間で運営している資格となるため、取得をしなくてもアロマセラピストとは名乗れますが、やはり公的資格があった方が就職などで断然有利になるのは言うまでもありません。

現在は主に3つの民間機関(JAAアロマコーディネーター協会・AEAJ日本アロマ環境協会・日本アロマテラピー総合医学協会)が運営をしています。

■アロマセラピストになるにはスクールが一番の近道
アロマセラピストの資格取得の方法は、独学・通信教育・スクールの3つがあります。

国家資格ではないので、やる気さえあれば独学で試験に合格するのも不可能ではありませんが、実際にはそうした方はほとんどいないのが現状です。

アロマセラピストの試験は、人体の仕組みから香りの種類やそれにともなう作用などを習得するのは当然ですが、このほか調香やアロママッサージなどについても習得しなければいけません。

このため、独学では限度があり合格するのは難しいのが現状です。

スクールに通えば、調香の実習やマッサージなども学べますし、合格後の就職フォローをしてくれるところも多くあります。

全国のアロマセラピーサロン&スクールを検索!資格取得・検定やアロマセラピストの求人までをナビゲート!お得なクーポンや・口コミも掲載!全国の人気アロマサロンが丸分かりサイトです!

Copy right(c) 2007-2019 アロマセラピーサロンナビ! All Rights Reserved.
クーポンが盛り沢山 http://www.aroma-navi.biz/